島田戴造 癒しの美術館(No.135晨光)

[ 六月の詞 ]

映像が 世界を変える。という NHKスペシャル 番組を見た。ほとんどが 残酷な 耐えられないような映像に端を発して 世界の歴史は動いて来た。ところが 近年はユーチューブやフェイスブックのような 個人が発する映像媒体で民衆が 動き 社会が 動き 世界が変化する新しい世紀になったという番組だった。

私は 悲しみや怒りや嘆きのような負の要因ばかりでなく、喜び・楽しみや至福が原動力で 世界が 変わっていくようでなければならないと 思いました 。  

       

 

島田戴造 癒しの美術館(No.134瀑韻(イグアス))

[ 五月の詞 ]


         今が 一番幸せ!

       幾つにになっても

   そう言える人生でありたい。

        72歳の今も 

        80歳になっても

        死ぬ間際 になっても

           今が一番幸せ!
 
         そう つぶやきながら

            死にたいものだ。

                   妙遊   戴造

………………………………………

5月17日〜5月22日 広島県日本画協会展の出品作「瀑韻(イグアス)」

 
さらに記事を読む...
会員募集 ボランティア募集 資金募集 広告募集