島田戴造 癒しの美術館(No131 祈り )

 リオ・デ・ジャネイロの山上に立っキリスト像です。「祈り」の象徴として選びました。逆光のシルエットにして…。3年前(2013年2月)の猛暑のカーニバルを思い出します。もうすぐ開催地としてオリンピックが始まろうとしています。

--------------------------------------------------------------------------------

『2月の詞』    「もはや 祈ることしかできない。独りでも祈る者がこの地球上にいなくては…。 

  妙遊 (戴造)」

--------------------------------------------------------------------------------

間違いなく 今の社会は 世界は 地球は 住みづらい状況に ひた走りに走っている。武力では平和は実らない。経済格差は世界規模。地球温暖化・汚染は 自然の均衡を崩し、災害を増幅している。人間の独善とエゴは限りがなく 癒しがたい。人生は短く、できることには限界がある。私には静かに祈ることしかできない。独りでも祈る者がこの地球上にいなくては…。           島田戴造

 

島田戴造 癒しの美術館(No130 波 )

 


『1月の詞』「何の問題もない。問題を作り出しているのは マインドだ。 マインドの雲が 晴れれば 限りない 広大な自由の空が 拡がる。  戴造 」


 
さらに記事を読む...
会員募集 ボランティア募集 資金募集 広告募集