ブラジルの州旗

alt 大きな国旗、中くらいの国旗、小さな国旗―――。交差点に止まるや近づいてくる露店商人たちがいま扱う品のトップ3です。活気付くW杯商戦。なんといっても売れ筋は国旗です。あの図柄とカラーリングは外国人の目にも素敵です。そんなデザイン性に優れた点も後押ししているとは思うのですが、自国愛をごく自然に常にアピールしているブラジル人は普段から国旗大好きな国民です。
私が住む州のスーパー最大手ではすべての店舗の屋根に巨大な国旗を常に掲げています。遠くからでも確認できるサイズで、店の目印になっています。日本で国旗を掲げるのは祝日のときぐらいでしょうから、ここにもブラジルと日本の国旗に対する思い入れの違いが浮き彫りになっているようです。
さて、ブラジルの国旗に「秩序と進歩」という語句(メッセージ)がデザインされていることは有名です。これと同様に文字がデザインされている州旗と言えば、パライーバ州、ミナスジェライス州、エスピリトサント州の旗です。中でも見た目にインパクトがあるのがパライーバ州でしょう。赤と黒のコントラストを背景に、“否定・拒絶”を意味する動詞NEGARに由来する「NEGO」の一語が鮮烈です。
むかしサンパウロに住んでいた頃、「なんてユニークな図柄の旗なんだろう」と思っていました。とはいえ、パライーバ州を訪れることはこの先きっとないだろうと考えていました。それが今日、となりのリオグランジドノルテ州に住んで1年になり、そのパライーバ州にも先週出張する機会がありました。人生とは分からないものです。
「NEGO」の由来についてご関心のある方は、以下のサイトに簡潔に説明されています。大統領選を巡る攻防に関係している言葉だと分かります。
http://www.oragoo.net/por-que-a-palavra-nego-aparece-na-bandeira-da-paraiba/

 
会員募集 ボランティア募集 資金募集 広告募集