島田戴造 癒しの美術館(No137 田舎の秋)

  12月の詞  】
 
             暖かい 陽射しを 浴びながら
 
        自然に  触れよう。
 
     生命 が 蘇る。
 
 空山海雲   草や樹木   風……。
 
     たまには

     この世で  冷えた身体を

          温泉で  暖めよう。

                疲れた  この身 を
  
                  癒やして  あげよう。


                       妙遊  戴造  (2016.12.9)       


   [ 12月8日を迎えて]

非力ながらも 精一杯 全力で 生きて 来た。
何らかの 思い出は 残せたかと 誕生日を 前にして73年の 歳月を  振り返って 観る。
もう少し やり残したことをやっておこう。
しかしそれらの 総ては やがて 風と共に  去っていく。

 2016・12・8     島田戴造
 

 

 

             
    

 
会員募集 ボランティア募集 資金募集 広告募集