島田戴造 癒しの美術館<特別編2 睡蓮>

alt 

「組織考」      宗教組織・教団は宿命的に布教拡大・組織防衛意識が働き 批判拒否体質に陥りやすく、個で在ることは難しい。むしろ許されないのが宗教組織の体質であるかもしれない。ところが皮肉にも 宗教性の究極は 個を大切にし 個を最高に輝かせる(仏に成る)ことにある。あらゆる仏陀もそれを願って来られた。だが 組織は上下関係を生み出し 権力構造を作り出し、組織を運営し 動かす人材は有用だけど、個(仏)の出現は許さない。組織・教団はそういう危険性を常に孕んでいる。従って創造的であるか否かが真に宗教的であるか否かを判別する指標となる。宗教組織は教条主義的になりやすく、他は受け入れられない。 偏狭な正義に固執し、争いを引き起こし、破壊・テロ・戦争を生み出している。平和や愛を標榜しているにもかかわらず、実は 平和を壊している遠源に宗教組織があることに驚きを隠せない。創造的であろう。愛を感じ 愛を産み出すことこそ最も創造的・宗教的行為と意識し 残りの人生を 自分なりに生きようと思う今日この頃です。    島田戴造


 
 
 

※作品「睡蓮」は50号Mサイズの日本画で「呉美術協会展」出品作です。 

 ~7/2(木)~7/6(月)    於呉市立美術館~

 
会員募集 ボランティア募集 資金募集 広告募集